FC2ブログ

普門寺便り

仏さまの教えや寺の行事のご案内を不定期に綴ってまいります

Entries

後七日御修法

今日から14日まで「御修法」が京都の東寺で行われます。
「『御修法』とは毎年正月八日から七日間、一年の平安を祈る行事で、承和元年(834)仁明天皇の勅を奉じて弘法大師が宮中真言殿で祈ったことが始まりです。現在は真言宗十八本山各派の管長・山主が出仕し、その中で導師をを務めるのは十八本山から選ばれた「東寺長者」と呼ばれる高僧で、真言宗では最も権威のある役職です。御修法には宮内庁より天皇の玉衣が届けられ、加持が行われます。名実ともに国家の安穏を祈念する真言宗最大の法要と言えます。」(「平成二十五年豊山宝暦」より)
今回の導師は豊山派管長の加藤精一猊下がお務めになります。宗派としても大変光栄なことです。どうか無事に大役を果たしていただきたいと存じております。また、十四日の終了後は「あとおがみ」といって修法の行われた場所を見ることができます。有料ですが。今年は行ってみようかなと思っています。
境内のロウバイの花が咲きました。ほのかに上品な匂いを漂わせています。
DSCF0078_convert_20140108183937.jpg
DSCF0077_convert_20140108183854.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR