普門寺便り

仏さまの教えや寺の行事のご案内を不定期に綴ってまいります

Archive [2018年01月 ] 記事一覧

鏡開き

11日は鏡開きでした。お供え餅を金槌で割って今は水に浸けています。お汁粉にしたり、揚げ餅にしたりといろいろと食べ方はあります。楽しみです。境内の梅も早いものはちらほら咲き出しました。ロウバイの次は紅梅です。ロウバイの匂いは微かで上品です。境内を散歩していると、木々は葉を落としていますが、よく見ると枝の先には小さく芽吹いています。春に向けて確かに生を営んでいます。花が咲きそろうのもいいですが、厳しい...

護摩法要

各地の神社仏閣では新年を迎える様々な行事が行われています。邪気を払い、無病息災を祈念するものです。参詣して護摩札などをいただいたかたもいらっしゃるでしょう。あの護摩の火はなんとも不思議な力があります。昨年の大晦日に自坊でも鐘つきの前に本堂で護摩を修法しました。多くの皆さんにお出でいただきました。今年は願い札を作り、それぞれに願文とお名前を書いていただき、その願いが成就するように、お焚き上げしました...

晴れ着

今日は成人の日。茨城新聞には県内各地の成人式の記事が掲載されていました。混乱も無く無事に終えたようです。しかし、晴れ着が届かないというニュースがありました。店舗に行ってみるとももぬけの殻だったというのです。その女性は泣く泣く式典への出席をとりやめたそうです。新年早々なんともひどい話です。元気を出して成人の日を祝ってください。昨日は七草、七草粥いただきました。今年一年健康で過ごせそうです。正月のおせ...

成人式

今日が成人式という自治体が多いようです。地元のつくば市も今日式典が行われました。昨年は大荒れの式典だったためか、出席者の持ち物検査があったようです。なんと物々しいことでしょう。出席する者のマナーが問われます。成人の皆さんが式の企画に係わり進行していくというところもあるようです。毎年各地の成人式の様子がニュースで取り上げられますが、どうでしょうか、全く記事にしないとか、その映像を流さないとかすれば、...

小寒

今日五日は「小寒」です。寒の入り、「松過ぎ」の寒気ひときわ厳しく、大寒の終わりまでが「寒の内」です。アメリカニューヨークでは記録的な寒波襲来で大変なようです。暦の上でも春が待ち遠しいです。しかし、この時期の夜空は星が冴え冴えと輝きを増しています。月も同様です。煌々と光を放つ満月は悟りの境地を象徴しています。仏心(菩提心)のイメージです。時々は星空を眺めて己の仏心を芽生え成長させてください。...

箱根駅伝

二日、三日と箱根駅伝を応援しました。母校の東洋大が10年連続の三位以内というすばらしい成績でした。その前はシード権争いがやっと、いつもひやひやしながら応援していました。しかし、「その一秒を削り出せ」の言葉通り、鉄紺魂の走りは健在、今年は四年ぶりの往路新記録での優勝でした。残念ながら、総合優勝は逃しましたが、来年こそは泥臭い走りで、ぶっちぎりで完全総合優勝を果たして欲しいです。私の在学中に初めて東都...

迎春

新年あけましておめでとうございます。穏やかな新年をお過ごしのここと思います。一月は「睦月」の異名がありますが、仲睦まじい月であるからといわれます。正月にあたるこの月は、家族が集まり、食事などでむつみあう「むつびつき」の略であるとかともいわれます。昨日は兄弟四人とその子供たちが集まり、食事会で楽しい時間を過ごしました。いつもでも兄弟仲良く元気でいたいものです。幸せな一年になりますように、ご祈念申し上...

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR