FC2ブログ

普門寺便り

仏さまの教えや寺の行事のご案内を不定期に綴ってまいります

Archive [2015年03月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

開眼法要

ここ数日の陽気で境内の桜も開花しました。筑波の山も薄く桜色にところどころ染まっています。入学式までが桜の見頃でしょうか。29日の午後2時から、ご本尊をお迎えした新本堂で開眼法要を執り行いました。導師の渡辺宥芳僧正をはじめ、職衆にはせがれの勉強会仲間ら若手の方々七人にご出仕いただき、また檀家の方々、知人、友人らを含めて約90人ほどのご参加のなか、盛大に厳修することができました。私は護摩師として息災護...

ご本尊をお迎えに

ようやくご本尊を新本堂にお迎えすることができました。22日に富山県の井波にある仏師斉藤光琳さんの工房まで行って参りました。一泊の予定でしたが、急遽予定変更して日帰り往復1000キロの強行軍になってしまいました。井波は瑞泉寺の門前町で木彫りが有名ですが、とても風情のある町です。ゆっくりと散策したかったのですが残念でした。工房で阿弥陀如来と釈迦如来の二体を本体、光背、台座と分けて、丁寧に梱包して、なんとか車...

彼岸

彼岸中日の週末は連休となりました。春分日を境に寒さも和らぎ、水温み、名のみの春は終わり、草花の色が目立ち、ウグイスもいい声で鳴き始めました。桜の開花ももう間近です。彼岸に入り、境内のお墓は掃き清められ、花が供えられています。亡き人をしのび、手を合わせることはご先祖と今の自分がつながっていることに思いを馳せることです。お彼岸に墓参りをして日ごろの無沙汰を詫びるのもいいでしょう。〈東京の寺に詣でる彼岸...

桜開花

昨日今日と春到来の暖かさでした。畑のチューリップは一気に葉が伸びました。チャコとの日課の散歩にリンリン道路を散策しているとなんともう桜の花がちらほらと咲き始めていました。ソメイヨシノではない種類のようですが。菜の花の黄色も鮮やかです。筑波山は春霞がかかったようになんとなくぼんやりとした感じです。田んぼではトラクターが力強いエンジン音を響かせて、土をうなっています。田植えの準備がこれから忙しくなる時...

3月11日

今日は産経抄の「望郷の鹿舞」から引用します。大熊町無形文化財の「熊川稚児鹿舞」(ちごししまい)が昨年7月20日に会津若松市内で披露されました。津波で社殿は流され、町民約1万1千人が避難を余儀なくされました。ようやく道具が揃い、舞手の子供たちは月2回避難先から練習に通ったそうです。「地域の核となる文化を失いたくない、被災者が頑張っている姿を全国に発信したい。そんな気持ちが強いのでしょう。」という言葉...

乙女のつくば道

今日わた部の方が「おとめのつくば道」のパンフを持ってきてくれました。乙女らしい淡いピンクのすてきなものです。今月の28日から4月1日までの開催です。北条から神郡、臼井、そして筑波神社までのつくば道の周辺で様々なイベントが開かれます。恒例の筑波神社の御座替祭や蚕影神社の蚕糸祭に、その他楽しい企画が満載です。普門寺も載っています。29日は新本堂で開眼法要を行います。パンフあります。詳しくは、http://tsu...

啓蟄

今日6日は二十四節気の「啓蟄」にあたります。ここ数日は日中は気温が高く春の陽気です。まさに冬籠もりの虫たちが動き始める頃です。春雷の時期とも言われます。梅の花に戯れるめじろやひよどりなどの野鳥たちを眺めていると春の到来を感じます。リンリン道路の桜も小さく赤く蕾が膨らんでいます。地面の草も青さが目立ってきました。春は生命の活動が始まる季節です。農家ではそろそろ田植えの準備が始まります。なんとなく気持...

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。