FC2ブログ

普門寺便り

仏さまの教えや寺の行事のご案内を不定期に綴ってまいります

Archive [2014年03月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

花会式

昨日の暖かさで境内の桜も咲き出しました。参道の桜はずいぶんと古木です。若木を植栽しようと思っています。花と言えば今月の25日から31日まで奈良の薬師寺で花会式が行われています。正しくは「修二会」ですが、10種類の造花が薬師如来のご宝前に供えられることから「花会式」と呼ばれています。「修二会」は奈良の大寺で行われるもので、国家安泰、五穀豊穣、万民豊楽などを祈願する春の行事です。春の奈良、京都を旅するのはい...

境内点描

今日は各地で20度を超える陽気となりました。春には暑いくらいです。都内では桜が開花しました。上野公園あたりは明日からは花を愛でる人で大賑わいでしょう。池の鯉に久しぶりにえさをあげました。水温の上昇とともに元気に泳いでいます。境内の春です。桜はまだつぼみです。...

桜前線

お彼岸も明けての二日目です。今週は本当に暖かくなってきました。装いも軽く春らしい明るい色使いの服が目につきます。梅の花は散り始め、そろそろ桜の季節です。開花のたよりも聞こえ始めました。参道の桜は今年はどんな具合でしょうか。見てみるとまだまだです。スイセンはちょうど見頃です。色目がさびしかった境内もこれからは花々がすばらしい色彩を加えてくれます。今日は犀星忌です。...

春分の日

今日は春分の日です。日ざしは春ですが、冷たい風が強く吹き、夕方は時雨れという少し荒れた空模様でした。今日は三連休の初日からか、お墓参りにいらっしゃる方々が多く見受けられました。墓前の花が色鮮やかです。仏様もきっと喜んでいらっしゃるでしょう。お墓を掃除し、お線香をあげ、お花をささげ、手を合わせることで気持ちがすっきりとします。境内のお墓を見わたすとなんとなく輝いて見えます。ご先祖様を大切にする思いは...

うぐいす

昨日今日と一段と春めいてきました。梅に鶯はつきものですが、ようやく聞こえるようになりました。鳴き始めなので、まだうまくはありません。スイレン鉢のめだかも元気に泳いでいます。ものみな成長のときを迎えています。明日は彼岸の入りです。週末はお墓掃除にみなさんいらしていました。ご苦労様です。ご先祖様もたいそうよろこんでくれているでしょう。「涅槃西風」(ねはんにし)とは旧暦2月15日、お釈迦さまの入滅を追悼...

十方ぐれ入り

暦には今日から「十方ぐれ入り」とあります。「十方ぐれ」とは「十方暮」と書くようです。四方八方十方が闇に閉ざされてしまうような日が続くという意味のようです。つまり、何をやるにしてもうまくいかない日です。こんな日が10日間続くのですから、今では大変ですね。でも、そんなふうに天に身をゆだねるという習慣もよいのかもしれません。なかなか「暦」というものは奥が深い読み物です。...

啓蟄

今年は今日6日が啓蟄です。しかし、春らしい陽気から今週はまた寒くなってきました。「啓蟄」とは「二十四節気の一。太陽の黄経が345度になったときをいい、現行の太陽暦で3月6日頃。二月節気。また、このころ冬ごもりをしていた虫が穴から出てくることをいう。春の季語。」(スーパー大辞林)「啓蟄の堂塔僧伽皆動く」 後藤夜半境内の様子を見ても、目に映るものすべてが春への胎動をこころみているようです。静から動へ、春の...

仰げば尊し

弥生三月となりました。一日は県内の高校は卒業式でした。退職前に勤務していた水海道二高では式歌として「仰げば尊し」を歌いました。私は好きな歌です。「仰げば尊し 我が師の恩 教えの庭にも 思えばいと疾し この年月 今こそ別れめ いざさらば」歌詞も曲もけっして古いとは思いません。古典的な歌詞の部分は授業で解説もしましたが。時代を超えて、いい歌だなと思います。父兄の方々もそう思っているのではないでしょうか...

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。