普門寺便り

仏さまの教えや寺の行事のご案内を不定期に綴ってまいります

Archive [2014年02月 ] 記事一覧

福寿草

今日は春の陽気となりました。境内を散歩していても、気持ちがいいです。スポーツするには絶好です。23日は東京マラソンでした。抽選に当たるだけでも大変です。都心の目抜き通りを走れるのですから、ランナーにとってはまたとない機会です。私もフルは60レースほど走りました。自慢といえばすべて3時間台で完走したことぐらいです。平凡な市民ランナーです。今はジョギング程度で、今月は右足故障で歩くのがやっとです。みな...

芽ぐみ

2月19日は二十四節気の「雨水」です。「雨水」とは「雪散じて水となる」の言い習わしです。芽ぐみが兆し始め、農耕の準備も始まります。「雨水」(うすい)じつに細やかな言葉です。しかし、先日の大雪で農家は相当な被害のようです。早期の復旧を祈念いたします。明日からは気温も上がり、春の陽気になるようです。境内にも春の訪れが見られます。めだかも暖かい日中は元気よく泳いでいます。梅の花も福寿草もだいぶ咲き出しま...

長谷寺だだおし

また雪でした。関東地方は記録的な大雪で、なんと甲府市は1mを超えたそうです。ふだんはそんなことありませんから、対応は大変でしょう。がんばってください。奈良県も雪でしたから、長谷寺も雪化粧しているでしょう。きのう14日は「だだおし」でした。修二会(8日から14日)の終わる夕刻から行われる行事です。「この日、長谷寺開山の徳道上人が冥界の閻魔大王より授かったと伝えられる檀拏の法印を、本尊さまはじめ僧侶、...

大雪

今日も日陰の雪は溶けそうにもありません。56年ぶりの大雪だそうです。境内にもまだ雪が残っています。梅の花は寒さに負けず咲き出しました。ふきのとうも梅の木の下あたりに見られる頃です。さがしてみます。たぬきはずっとご飯を食べにやってきます。今日は戸を開けたら、その場所に来ていました。でも、わたしを見てそそくさと行ってしましました。境内の雪三光の滝...

大雪

予報通り、ここつくばでも大雪となりました。今日は法事があり、車を運転しているとみなさん雪かきに追われていました。こんな光景はいつ以来でしょうか。気温が低いとしばらくは溶けそうにもありません。明日は天気はどうでしょうか。暦をみると、今日から11日まで、「オホーツク流氷まつり」とあります。一度現地でその迫力ある流氷の様子を観てみたいものです。寒さが続きます、冷えには「首、手首、足首」の三つの首を温めるの...

東風吹かば

昨日は節分会でした。今日の新聞記事でも神社の節分会の賑わいを伝えていました。今日四日は立春です。二月の初候は「東風凍りを解く」ー春の風が厚くはった氷をとかし始めるころーといいます。「はるかぜこおりをとく」と読みます。「東風」はふつうは「こち」と読むのがならわしです。「はるかぜ」といっても暖かいものではなく、まだ寒さきびしい早春の風です。気温の変化が大きい時期です。今週は寒波の襲来で雪も降るとか。体...

春近し

今日は町内総出の芝焼きでした。春を迎える年中行事です。農地や田んぼの枯れ草を焼くのです。風もなく、その上雨が降ったりして、勢いよくは燃え上がりませんでした。1時間ぐらいで解散でした。境内の紅梅、白梅が咲き出しました。スイセンも咲いています。しっかり春は来ています。...

筑波山

31日の午後9時からNHK「新日本風土記」で筑波を特集していました。観た方も多いと思います。ふだん何気なく見ている筑波山もテレビのカメラワークでいい感じに映っていました。万葉の時代から現在まで人々の信仰を集める山です。万葉集にも多く歌われています。東歌に収められています。歌い振りは優雅ではありませんが、素朴さが私は好きです。ストレートに感情が伝わってきます。それは『万葉集』の特徴でもあります。展望岩に集...

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR