普門寺便り

仏さまの教えや寺の行事のご案内を不定期に綴ってまいります

Archive [2013年08月 ] 記事一覧

お盆

上棟式も終え、ほっとする間もなく明日からお盆です。「お盆」とは盂蘭盆会の略称です。東京では7月ですが、こちらでは8月です。全国的には8月が主流のようです。この時期にはご先祖様が自宅にお帰りになるので、お供え物を用意してご供養するのです。お供え物を供える棚を「精霊棚」と呼び、その前で僧侶が読経するので「棚経」などと呼びます。とくにお亡くなりになって、七七日忌を終えられた精霊は、初盆とか新盆(しんぼん...

歩き通して仲間づくり

今日も猛暑の一日でした。そんな中、朝七時前に「常総100㌔徒歩の旅2013」が普門寺に朝食休憩のために立ち寄りました。今月7日に取手市役所を出発し、筑波山を目指し、ゴール地点のつくば駅周辺には10日午後0時半前後に到着する予定だそうです。一行は児童128人、学生、社会人ボランティア150人の協力を得ながら歩き通します。児童等は疲れた様子もなく朝食のお弁当を食べていました。休憩が終わると班担当の方た...

心の健康管理

今日は本堂工事は始まって一時間ほどで激しい雨でお休みとなりました。心の健康管理の三本柱として、①「ストレスの軽減」②「生き甲斐を持つ」③「笑う、楽しむ」の三つがあげられます。②の「生き甲斐を持つ」ですが、「健康生きがい開発財団」ではこれを三つに分けています。一人称の生きがい(一人で何かをする)…一人で楽しめる趣味などをもつこと。二人称の生きがい(みんなで何かをする)…一緒に楽しむと生きがいが強くなる。三...

上棟式に向けて5

昨日は工事はお休みでした。ひさびさに境内は普段の静けさを取り戻し、蝉時雨がいつになく響き渡ります。お盆が間近に控え、お墓掃除に来る方が多かったようです。みなさん本堂工事を目の当たりにして「立派だね」と感嘆していました。ありがたいことです。今日の工事は梁木を組んでいきます。梁木は松材です。全部で五段ほどになるようです。棟梁曰く「梁木は真っ直ぐよりも曲がっている方がよい」のだそうです。(写真のように)...

上棟式に向けて4

今日も8時にはクレーン車のエンジン音が境内に響き渡ります。みなさん暑さにも負けず工事が始まります。今日は枡組を組んでいきます。40個ほどあります。やはり欅材ですので、一個でも相当の重量があるので、クレーンでつって運びます。そしてその上に大桁をを組んでいきます。下で指示を待って、その材料をクレーンにつける人、上で受け取りそこに取り付けていく人、次の材料を指示する人とそれぞれが呼吸が合っていないと段取...

上棟式に向けて3

今日は昨日のような蒸し暑さもなく、気温は30度には届きませんでした。作業なさる皆さんにはよかったですね。三日目になると、大物はだいたい済んだようです。まだ大桁はこれからですが。つかもすべて取り付けが終わり、台輪というものが組み込まれ、少しですが、建物らしくなってきました。明日はほとんど小物の取り付けだそうです。棟梁曰く「どこやったかわからないんじゃないかな。」ということです。閑話休題、裏山に咲いたや...

上棟式に向けて

今日は建屋工事の二日目です。天気予報では雨でしたが、一日中曇りで、湿度が高い。みなさん大汗をかきながら、柱や虹梁を組み入れていました。虹梁の彫り物も手彫りで見事なものです。奥から手前へと作業は順調に進んでいきました。今日の工事の目玉は正面の外の角柱とその上にはめるえび虹梁です。虹梁は普通はまっすぐなものですが、その名の通りえびのように曲がっているのです。見事組み込まれました。今日の作業も順調でした...

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR