普門寺便り

仏さまの教えや寺の行事のご案内を不定期に綴ってまいります

Category [周辺情報 ] 記事一覧

黄金週間

四月も今日で終わり。昭和の日からいよいよ黄金週間の始まりです。お天気は良さそうなので、行楽地は賑わいを見せるでしょう。新聞にも各地の様々なイベントが紹介されています。今日の茨城新聞にひたち海浜公園のネモフィラの記事が出ていました。ここ数年東南アジアの方々が多く訪れているようです。四季のない国では見られないすばらしい景観が魅力だそうです。たしかにネモフィラの青と海の碧と空のブルースカイの微妙なコント...

筑波山

6月に入り、梅雨らしくない真夏のような陽気が続いています。首都圏の水がめのダムは平年の半分ぐらいだそうです。田んぼもだいぶ干上がってきました。ちょっと前はおたまじゃくしがうようよいました。シギやカラスが田んぼにいたのはそれを狙っていたのでしょうか。筑波山のくっきりとしたが目に鮮やかです。よくみるとうっそうとした樹木の間にぽっかりと空間が有り、そこに黒いガラスのようなものが無数に並べられてあります。...

乙女のつくば道

今年も昨日から「ゆけゆけ 乙女のつくば道」が開かれています。4月3日(日)までのあいだ、各地でさまざまな楽しいイベントが予定されています。普門寺ではとくにイベントはありません。昨日今日はまだまだ寒いですが、おとめやおのこが連れだってつくば道を散歩していました。今日はウオーキングの団体さんがいらっしゃいました。明日からは春のぽかぽか陽気になるようです。境内の桜も一気に開花しそうです。みなさまもつくば...

悠々しゃとる写真展「神郡・里山の四季」

寒の戻りで寒い一日でした。お彼岸は暖かい陽気で大勢の方がお墓参りにいらしていました。啓蟄、春分と春の巡りは心地よい気分にさせます。神郡を撮った写真展が牛久市の生涯学習センターの2階展示ホールで開かれています。私と愛犬のチャコと一緒に写っている作品があるというので、早速見に行ってきました。参道の桜の咲いている春の写真でした。普門寺や境内を撮った作品も多くありました。みなさんなかなかの腕前です。そこで...

アートセッションつくば2015

10月4日から11月23日までの期間、平沢官衙遺跡(つくば市北条)から、つくば道の神郡地区ー臼井地区(筑波神社一の鳥居周辺までの約3キロ)にわったて野外美術展「アートセッションつくば」が開かれています。壮大なフィールドで15名の造形作家の作品が展示されています。普門寺にも中村厚子さんの作品が展示されています。大きなアルミ製の水盤に水が張られ、そこに時間に関するエリオットの詩の一部が描かれています。木製のい...

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR