FC2ブログ

普門寺便り

仏さまの教えや寺の行事のご案内を不定期に綴ってまいります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え

夕方の愛犬ちゃろと散歩(一時間くらい)でたんぼ道の麦畑の穂がだいぶ伸びてきました。葉っぱが夕方の風に心地よさげにゆれています。田んぼには水が張られて、田植えを待つばかりです。今日からが始まりのようです。いつの間にか、蛙の大合唱があちこちから聞こえてきます。いったいどこからやって来たのでしょうか。不思議ですね。連休中が田植えのピークです。3日、4日は雨の予報ですが、せっかくですから曇りぐらいの天気にしたいものです。「皐月」とは、この時期に田に早苗を植えることから「早苗月」、または雨がよく降るため「五月雨月」さみだれづきと呼ばれ、それが略されて「さつき」となり、後に「皐月」の字があてられたといわれます。何となく眠いこの時期ですが、早起きして朝日を浴びることで体内時計が調整され、快適な一日が過ごせます。いい連休でありますように。
スポンサーサイト

花祭りコンサート

先月8日の花祭りコンサートは日曜日休日でもあって、80人ほどの方がいらっしゃいました。ゲストはふだんお世話になっている「水谷石油店」のご兄弟でした。長男さんは池坊の教授で、三男さんが新堀ギター教室の講師です。クラシックギター演奏のなかで、生け花を活けていただこうという趣向です。本堂は響くギターの音色と羽織袴の正装で花を生ける先生の姿に凛とした雰囲気に包まれました。みなさん経験したことのないコラボに十分楽しまれたようでした。お母さんは見事な縮緬細工の作品を多数披露してくれました。こんな身近なところにすばらしい才能をもった若者がいるんですね。みなさんにご紹介できてうれしく思いました。お忙しいところ、ありがとうございました。

弘法大師修行像

檀家さんの寄進で弘法大師修行像が建立されました。台石をいれると高さは三メートルほどになります。台石は真壁石です。修行像の多くは鋳物で作られたものですが、石像ではだいたいこのような格好の修行像がほとんどですが、たいへんよく彫られていると思います。二十代の修行僧時代はじつは空白の七年間と言われ、よくわかっていません。たぶん、山林修行を続けていたのであろうと思われます。この石像を見て、その時代に思いを馳せてみましょうか。
IMG_0442_convert_20180417223837.jpg

卯月

弥生の啓蟄、春分を過ぎ、卯月も早、清明(万物玲瓏として草木の花先始める。南風が心地よく吹く春のほどよい日々。)も過ぎて農家では田植えの準備に取り掛かり始めました。麦畑は成長した青葉が風にそよいでいます。境内ではシャクナゲ、山吹、サツキ、霧島ツツジが色とりどりに咲き始めました。木々の間からは様々な野鳥の鳴き声が聞こえてきます。池の鯉もメダカたちも冬眠から目覚めて元気に泳いでいます。ものみな生命の盛んな今日この頃です。どうぞお時間があれば普門寺にいらして、滝の音を聞きながら、お茶でもいかかですか。
IMG_0459_convert_20180417221840.jpg

田井小学校お別れ会

今日24日は田井小学校お別れ会の日でした。記念式の後に午後から、第二部として校長先生をはじめ、全校生徒が普門寺に来てくださりました。明治11年1月10日に普門寺を仮校舎として神郡学校が開校しました。ここ普門寺が田井小学校の出発点、歴史の一頁始まりなのです。この日にみなさんを本堂にお迎えできてうれしいかぎりです。短い時間でしたが、内陣を案内したり、鳴り物を体験してもらったりと楽しく過ごしていただきました。最後は太鼓をたたいて般若心経をお唱えして締めくくりました。花束までいただき、ご配慮ありがとうございました。写生会や社会科見学といらしていただきましたが、また機会があればよろしくお願いします。新しい学舎での活躍を期待しています。先生方も長い間ご苦労様でした。今後ともよろしくお願いします。合掌
記念撮影です。ハイ、チーズでいい笑顔です。元気でね。

ハイ、チーズでいい笑顔

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。